English





学  歴

1975年3月 京都大学工学部工業化学科卒業
1977年3月 京都大学大学院工学研究科修士課程修了
1980年3月 京都大学大学院工学研究科博士課程満期退学
1980年3月 京都大学化学研究所研修員
1981年3月 工学博士(京都大学)取得

職  歴

1982年4月-1990年3月
 旭化成工業(株)
1990年4月-1993年12月
 McGill大学(Prof. Gray) 博士研究員
1994年1月-2002年12月
 東京都立大学工学部応用化学科 助教授
2003年1月-2005年3月
 東京都立大学工学部応用化学科 教授
2005年4月-2007年3月
 首都大学東京(旧都立大)都市環境学部材料化学コース 教授
2007年4月より現在
 京都大学大学院農学研究科森林科学専攻 教授

研 究 業 績

研究業績一覧へ

受  賞

2002年5月 2001年度高分子学会賞(科学)
2009年2月 印刷学会論文賞
2010年7月 セルロース学会学会賞

所 属 学 会

日本磁気科学会、高分子学会、セルロース学会、日本木材学会、日本化学会、アメリカ化学会(ACS)

学 会 活 動

2011年-2012年 日本磁気科学会 会長
セルロース学会 評議委員

プ ロ ジ ェ ク ト

1999年-2003年
 学振未来開拓事業(強磁場下での物質と生体の挙動):「微粒子,分子鎖,薄膜の磁場下挙動」 プロジェクトリーダー
2003年-2005年
 特定領域研究(強磁場新機能の開発):「強磁場を用いた高分子材料の構造制御」 研究代表
2004年-2005年
 物質・材料研究機構強磁場研究センター:材料プロセスグループ グループリーダー




学  歴

1991年3月 東京農工大学農学部林産学科卒業
1993年3月 東京大学大学院農学系研究科林産学専攻修士課程修了
1994年9月 東京大学大学院農学系研究科林産学専攻博士課程中退

職  歴

1994年4月-1994年9月
 日本学術振興会特別研究員(DC)
1994年10月-2000年2月
 東京大学大学院農学生命科学研究科林産学専攻 助手
2000年3月-2004年3月
 東京大学大学院農学生命科学研究科生物材料科学専攻 講師
2000年9月-2001年8月
 文部科学省在外研究員(ブリストル大学物理学科)
2004年3月-2007年3月
 東京大学大学院農学生命科学研究科生物材料科学専攻 助教授
2007年4月-2014年2月
 東京大学大学院農学生命科学研究科生物材料科学専攻 准教授
2014年3月より現在
 京都大学大学院農学研究科森林科学専攻 准教授

研 究 業 績

和田昌久の業績リスト

受  賞

1998年1月 第9回日本木材学会奨励賞
2003年7月 第3回セルロース学会奨励賞
2012年7月 平成23年度セルロース学会賞

所 属 学 会

日本木材学会、繊維学会、高分子学会、日本結晶学会、日本キチン・キトサン学会、セルロース学会

学 会 活 動

2011年-2013年 日本木材学会常任理事(総務担当)
2005年より 繊維学会誌「報文」編集委員
2014年より 日本キチン・キトサン学会理事

プ ロ ジ ェ ク ト

2005年-2006年
 バイオエタノール生産効率化へ向けた結晶性セルロースの改変(平成17年度化学素材研究開発振興財団記念基金「グラント」)
2006年-2008年
 セルロースI型結晶の変態機構(研究費補助金 若手研究(B))
2007年-2009年
 草本系セルロースの酵素糖化の効率化技術の開発(農林水産省委託研究プロジェクト「地域活性化のためのバイオマス利用技術の開発」)
2009年-2012年
 結晶性セルロースの効率的糖化技術の開発(農林水産省委託研究プロジェクト「稲わら等の作物の未利用部分や資源作物、木質バイオマスを効率的にエタノールに変換する技術の開発」)
2011年-2014年
 細胞培養の三次元足場材料としてのセルロースヒドロゲル(科学研究費補助金 基盤研究(C))




学  歴

2004年3月 京都大学農学部生物機能科学科卒業
2006年3月 京都大学大学院農学研究科修士課程修了
2009年3月 京都大学大学院農学研究科博士課程満期退学
2010年3月 京都大学博士(農学)取得

職  歴

2009年4月より現在
 京都大学大学院農学研究科森林科学専攻 助教

研 究 業 績

久住亮介の業績リスト

受  賞

2009年3月 第5回GSCポスター賞
2009年11月 第4回日本磁気科学会年会研究奨励賞
2013年3月 第34回応用物理学会講演奨励賞

所 属 学 会

日本木材学会、日本磁気科学会、高分子学会、セルロース学会、応用物理学会、日本材料学会、日本核磁気共鳴学会

学 会 活 動

2012年-2014年 日本材料学会 木質材料部門委員会庶務幹事、部門担当編集委員
2013年-2015年 日本木材学会 編集委員
2016年より 高分子学会NMR研究会 運営委員
2016年より 日本材料学会 編集委員
2016年より 日本材料学会関西支部 常議員

プ ロ ジ ェ ク ト

2011年-2013年
 高次元配向化セルロース材料の創製と構造解析・機能開拓 (科学研究費補助金 若手研究(B))
2013年-2016
 磁気プロセッシングによる環境調和型高分子の高次元異方化と機能制御 (科学研究費補助金 若手研究(B))
2015年
 磁気プロセッシングを活用した環境調和型材料の構造設計と機能制御 (平成27年度生存圏科学萌芽研究)
2017年-
 三次元磁場配向ユニットを備えたin-situ固体NMRシステムの構築 (科学研究費補助金 基盤研究(C))
2017年
 固体高分解能NMRによる13Cラベル化セルロースIIの構造解析 (平成29年度生存圏科学萌芽研究)





学  歴

1978年3月 京都大学薬学部卒業
1979年3月 京都大学大学院薬学研究科中退
1987年4月 静岡薬科大学(現静岡県立大)大学院研究生修了
1987年5月 京都大学薬学博士取得

職  歴

1979年4月-1982年11月
 京都大学化学研究所 教務技官
1987年4月-1990年3月
 旭化成(株)医療科学研究所 研究員
1990年4月-1993年12月
 McGill大学(Prof. Gray) 博士研究員
1994年4月-2000年8月
 ニコレー・ジャパン(株) サービスエンジニア
1999年10月-2005年3月
 東京大学大学院医学研究科 客員研究員
2000年11月-2003年11月
 (株)パーキンエルマージャパン シニアーサイエンティスト
2003年12月-2006年11月
 (独)物質材料研究機構 特別研究員
2006年4月-2008年3月
 東京大学大学院新領域創成科学研究科 客員研究員
2008年4月より現在
 京都大学大学院農学研究科 研究員
2009年4月より現在
 京都文教短期大学 非常勤講師
2011年10月より現在
 京都大学高等教育研究開発推進機構 非常勤講師

研 究 業 績

木村史子の業績リスト

受  賞

1988年10月 日本人工臓器学会研究奨励大会長賞

所 属 学 会

日本磁気科学会、高分子学会、セルロース学会、日本化学会、応用物理学会、日本木材学会

学 会 活 動

2007年11月 International Conference on Magneto-Science (ICMS2007) 国際学会運営委員
2006年11月 第1回日本磁気科学会年次大会実行委員






▲ページトップへ
Home / 研究内容 / メンバー / 研究業績 / トピックス / リンク / アクセス・連絡先 / 研究室部内